こんにちは、かしはらです。
桜の季節がやってきましたね〜


晴れれば外にでて、桜を見つけにいきたくなります。
今年はまだ行ったことがないところへ桜を探しに行くお花見をしようと思っております!

先週末は国分寺町の橘ノ丘総合運動公園でお花見。
まだ県内は咲き始めが多かった土曜日。
木によっては3分咲きのものもありました。
桜並木もあるし、遊具も広い広場もあるし、子連れのお花見にもいい場所ですよ(^^)



パンは大好きなretroさんの黒糖食パンで作ったサンドイッチと
シナモンロール、木苺の練乳クリームサンド。

どれも激うまでしたーー!!!

さて。

桜のシーズンに花開いたものがこちらにも。



今日、香川から手仕事や伝統工芸に関わる方をいろんなカタチで紹介されている「IKUNAS(イクナス)」さんが、通販雑誌「IKUNAS FLAVOR OF LIFE」を創刊されました。

(IKUNASさんホームページはこちら。

香川、四国の美味しい食材、調味料を、地元の職人さんやこだわりをもって活動している達人たちの目線で紹介してくれる面白い雑誌です。



写真もとっても綺麗…!!!!
こんな生活、してみたい!!!と思うレシピやテーブルコーディネイト、生活用品やファッションアイテムがたくさん。
香川・四国のもの&人のパワーのすごさを改めて知りました。

そして…

この中になんと…!!!



わ・た・し♡のチョコが。

掲載されています。


KIMG1078.jpg

(↑撮影の様子。ライターさんとカメラマンさんの写真へのこだわりが半端無くて感動)

今回の特集は「生活にスパイスを」。
刺激的なスパイスを取り入れたメニューがずらりと並び、体中でスパイスシャワーを浴びたあと…
みんなで頂けるショコラのデザート提案をさせてもらいました。

デザートワインと頂きたいオレンジのホワイトガトーショコラコーヒーと一緒にツマミたいショコラなどなど、

レシピ付き♡です(^^)

香川・四国の書店で700円で販売中ですので
ぺらりめくって頂いたのち、ぜひお買求め頂き(笑)
桜の木の下でシナモンカプチーノでも飲みながらゆっくり楽しんでみてください。

絶対、引っ越しか食卓の模様替えしたくなりますからーーーー!!!

でも読むだけでも極上の生活体験、できちゃいますにこ



双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉双葉



ちなみに「IKUNAS」さん。
高松市花園町にアンテナショップがあります。(地図、駐車場はこちら

2階にはさぬきの手仕事が生きる作品の数々が。
漆や保多織、讃岐のり染めの楽しいグッズがたくさん。
張り子など讃岐の伝統工芸にまつわるワークショップもされていて
私も先日はバレンタインチョコテイスティングの会をさせてもらいました(^^)

P1340166.JPG

工芸や手仕事に興味のある方が集まる場所だけに
チョコのテイスティングも真剣そのもの!
みなさん自分なりのチョコの楽しみ方を見つけるのが早かったです!

3階には「ごはんとぱん」というカフェと
「SETOUCHI BOOK HOTEL」という古書スペースがオープン。
カフェは明日4月1日からランチもはじまるようです。

こちらも足を運んでみてくださいね〜!
わたしもまだカフェには行けてないので、春のランチをしにいきたいと思います♪

こんにちは、かしはらです。

ちょいとバレンタイン前にさかのぼって、
チョコ関連のイベントレポ☆です!

毎年バレンタインのお楽しみ…といえば、
お気に入りのショコラティエがどんなスペシャリテを作るのか?というのもありますが、
チョコを手作りする人にとっては、
今年はどんな製菓用チョコを使ってクリエイションしようかな?というワクワクも。
そのための「お味見」ができたら、最高ですよね!!

そんな「お味見」イベントを毎年やっているのが…CUOCAさん。

今年もバレンタイン前にCUOCAのショップ数店舗では
99種類のクーベルチュール(製菓用チョコレート)をテイスティングできるイベント
「チョコホリック2015」が開催されました。


香川県はCUOCAの故郷。
クオカショップ高松でも毎年チョコホリックが開催されていて
年々スタイルが変わってきています。

P1330979.jpg
↑レインボーロードから少し入った所にある「クオカショップ高松」。

去年までは時間内でズラリと並んだ99種のクーベルを一欠片ずつ頂き…
うーん…とスタンディングスタイルで好みを見つける感じでしたが、
今年はガラッとやり方が変わりました!

なんと…
P1330980.jpg

99種分のテイスティングシートができてるーーーーー!!!!

P1330981.jpg

しかもナンバリング&ブランド名もプリント済み…!!!

そして時間を区切って、着席してしっかりテイスティングしてもらおうというスタイル。

ほ、本気や……!!!!!うえ〜

しかし、今年使うチョコレートをバシッとキメたい私にとっては非常に嬉しいお膳立て。
ここまでやってくださっていいんですか?クオカさん!!

P1330986.jpg

そして99種のチョコレートはいつものようにクッキングスタジオにズラリ。
スイート、ミルク、ホワイト、フレーバーの4コーナー。

P1330984.jpg

そして3種のクーベルで作ったガトーショコラの食べ比べブース。

それぞれ1つずつテイスティングシートに乗せて、
ドリンク(紅茶)をセルフでいれたら隣のカフェスペースへ。

P1330993.jpg

こうやって99種としっかり向き合ってテイスティングできます。

というか、チョコバイキング的なワクワクがあって、
お友達同士で来ていたチョコ好きの女性もとっても楽しんでいました♪
うんうん、これだけのチョコを自分で揃えるって大変だし、
こんなに種類を食べられるイベントなんて他にない!

私も毎年使っているクーベルや、気になるクーベルをチェックして
あとはゆーーっくり食べたいものを頂きました♪

やっぱりお気に入り、できちゃうなあ♪

【スイート部門】

P1330982.jpg

新ブランドはなかったけれど、例年通りヴァローナの定点観測。
そして最近扱っているコロンビアのクーベルには再度目を向けてしまいます。

コロンビアのチョコ「ルカカカオ」。
カカオハンターの小方さんが作られているタブレットと同じ「アラウカ」という名前のクーベルが。
でも味わいは全然違います。
そこがカカオの深くて面白いところ。

P1330987.jpg


【ミルク部門】

P1330990.jpg

ヴァローナの新しいクーベル「バイベラクテ」。
カカオ分が高く、その分ミルクらしいあま〜い感じが無いけれど…
これは面白いです。
というかおやつにツマミたい!(贅沢〜)

P1330988.jpg

そして毎年食べちゃう、私の大好きなミルククーベル、ベルギー・カレボー社の「アリバ」。
これこそ究極のつまみたいミルクチョコ。
バランスがよくって、ミルクのほっとする甘さもあって、大人のミルクチョコ。
高くてなかなか使えないけど…(泣)

P1330989.jpg


【ホワイト、フレーバー部門】
P1330983.jpg

フレーバーのおかげで超カラフル〜〜!
今年はジャンドゥーヤに新しいイタリアのブランド「イカム」が入ってきていました。
コクのある味わい。
ヴァローナのジャンドゥヤとは違った、ねっちりとしたイタリアらしい美味しいチョコでした。
ああ、おやつにしたい…

P1330991.jpg

去年も美味しかった明治の濃いイチゴ。
香料でつけたイチゴの香りとは違う、果汁を感じるイチゴ香。
これはやっぱり美味しい。
おやつにツマミた…もうええか。

そんなこんなで今年もチョコでお腹いっぱいになった「チョコホリック2015」。
気になっていたチョコの味見もできて大満足でした♪

そしてこのイベントで私が一番重宝しているのが、このパンフレット。
各ブランドのクーベルの説明に加え、
各ブランドのテンパリング温度がひと目で分かるんです。
おかげ様で厨房に貼り付けております〜〜〜。

P1330995.jpg

クーベルチュールのテンパリング温度って
本には「ビターが◯度で、ミルクが…」ってかいてあるけど
実はブランドによってビターのテンパリング温度なんて違ってきます。
これって結構大切なポイント。

手作りチョコで失敗した〜〜という方は
その辺りをチェックしなおしてみると
次回はつやつやきれいなチョコができるかも?!
そして来年のチョコホリックでテンパリング虎の巻であるこのパンフをゲットすると、チョコ作りはもう怖いものナシかも?!

また来年のチョコホリックを楽しみに待ちたいと思います〜!

チョコサロ・レポート☆番外編!
ワークショップ&セミナーレポ〜〜ヽ(=´▽`=)ノ




前回の記事でお伝えしたとおり、 
会場では4つの企業、団体によるカカオの豆からチョコ作りワークショップ、
トークセミナー、テイスティングセミナー
が開催されました。
セミナーブースが2つあって、同時進行するものもあるので参加できたのは2つのみ(泣)

どうしても参加したかったのはこちら。ショボンショボンショボンショボンショボンショボン

■Dari K×本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト トークセミナー



インドネシア・スラウェシ島のカカオ農家と一緒にポテンシャルの高いカカオを生産し
その豆を仕入れてチョコレートを作っている
京都の「Dari K(ダリケー)(HP)」代表の吉野さんと、

現役大学生たちがカカオ産地でお馴染みガーナに出向いて
実際にガーナの豆からチョコを作るという
「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト(Facebook)」2代目リーダー野呂さんとのトークセミナー。



そしてイベント主催者であり、ご自身もカカオ生産国に出向いてカカオ農園の現状を目にされてきた
立花商店(HP)のカカオトレーダー生田さん。



吉野さん(写真左)は金融投資の面からカカオの世界に興味を持たれた方。
株価変動や世界の情勢を通してカカオを客観的に見ているので、投資関係にあまり興味のない私は感動!
カカオの値段は農園のひとが決められない、アメリカなどの金融市場で決められている。
カカオの値段は3倍に上昇しているのに、現地のひとの収入は3倍にあがるどころかそのまま…
なんて興味深いんだ…と、今の活動を始められました。


野呂さん(写真右)は実は上智大学3年生! 現役大学生ですヽ(=´▽`=)ノぴちぴち
ガーナでは地元の図書館で地元のこどもたちを対象にカカオ豆からチョコづくりワークショップを行ったりしたんだそう。
チョコが固まらない気温のガーナではチョコを見たことがある子どもたちはほとんどいない。
チョコが出来た時にはこどもはもちろん、大人までもが夢中になって「美味しい!美味しい−!」と食べてくれたんだそうです。


トークセミナーは真面目な話をしつつも、みなさんのお人柄により終始朗らかムード。
カカオに関わる方って、なんでこんなに普段はほんわかなんでしょ〜〜。
カカオパワーかな??



セミナーでは吉野さんや野呂さんが現地のカカオ農園で苦労したこと、
カカオやカカオ農家の現状、そして今後のこと
をお聞きすることができました。
いまの活動が今後のカカオ生産国の明るい未来につながるか…
それは現地の方々がどこまで新しいやり方を受け入れてくれるか、というところにも。
この課題を解決するための1つの策も吉野さんから発表され、「おおーー!」っと。
これは実現できたらノーベル賞もの(大げさ?)かも!?



そんなトークセミナーでおみやげに頂いたのが、
「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」のガーナ産カカオのチョコ。
「Dari K」のトリュフ。

どちらも何度か頂いたことがあるんですが、今年になってどちらもパワーアップ!!
ガーナは昨年とは全然違います! 驚きました!
来年のバレンタインが楽しみです♪

そうそう、ガーナプロジェクトのFacebookでは、カカオ農家さんへチョコについてのインタビューをされた記事も。
これ、実はとっても印象深くて。
よろしかればガーナチョコを食べながら眺めてみてくださいき
 →本当のガーナチョコレートを作るプロジェクトFacebook

ハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコ


■【Minimal チョコレートテイスティングセミナー】



そしてもう一つどうしても受けたかったのが「テイスティングセミナー」!
昨年まで東京中目黒「パーキングコーヒー」でビーントゥバーをされていた朝日さんが
12月1日に新しくオープンしたお店「Minimal」(HPの主宰です♪



今回はまず生カカオ割り&生カカオ試食にはじまり、
3つのローストカカオ豆の食べ比べ。



色も違えば、香りも味も全然!
さらにタブレットになるとまた味わいが変わります。



「Minimal」さん作、6つの産地のカカオ豆で作った6種のタブレットの食べ比べ。
ホンジュラス、ベトナムからトリニダード・トバゴまで。
ノーコンチングなので食感は少々ざらり。
6人×4テーブルに別れてテイスティングの感想を出し合いますが…これが面白い!

「うーん、甘酒の香り?」
「バナナ…ピーナツ??」
「古民家の香りがする…」


とんでもないです!カカオの世界(笑)
私はホンジュラスの余韻がぐぐ〜〜っと伸びるクリーミーな味わいにうっとり。



とっても楽しかったワークショップ&セミナー。
「初心者もプロもアマも関係なく交流できる」
これが「東京チョコレートサロン」、ビーントゥバーのいいところ。

また1年、カカオと向き合うのが楽しみになりました!
イベント主催者さん、ビーントゥバーのみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした♪

さ、また1年、どんどん広めよう〜カカオの輪っあひょうパンダ(古い?)

★東京チョコレートサロン特設サイト→こちら
★東京チョコレートサロンFacebook→こちら

今年も!!
ビーントゥバーのあのイベントの季節が!!
キターーーーーーー!!!(古)



ばばばーん!!!
昨年に引き続き、行ってきました横浜・赤レンガ倉庫♪
「Tokyo chocolate salon」

昨年は1日開催だったけれど、今年は超パワーアップ!
2日開催になり、さらにカカオ豆からチョコ作りワークショップだけでも4種の豊富さ。

そしてそして…
カカオマニア念願の……



生カカオ、キターーーーーーーー!!!(古)
写真や模型ではおなじみだった生カカオポッド。
大きさは想像より少し小さめ。
触るとひんやり。固い。
かぼちゃみたい(笑)。

これはイベントを主催されているカカオ専門商社の「立花商店」さんが手配されたベトナム産トリニタリオ。
サロン・デュ・ショコラで賞を獲得した良質のもので、ピュラトスさんもここの豆を加工して製菓用クーベルチュールを製造しています。
まさか!日本で生カカオが見られるなんて!感激です!
個人で持って帰ろうとすると検疫に…(´・ω・`)



割るよ割るよ〜〜〜〜!
出るよ出るよ〜〜〜〜!
あのマンゴスチンのような甘酸っぱい味わいと噂の…



カカオの実♡
乳白色、ぬるぬるの手触り。
香りは…花のような、スッキリとした、でも甘そうな…ライチのような香り。

ちうちう。←果肉がほとんどないから吸うしかない



味はライチっぽいスッキリした甘さ。
うん、甘くて美味しい!!!
でもあんまり実がない…(寂)

カカオの実はほとんどが種。
透き通って見える黒いものが種で、噛み砕くと柔らかいけど味はニガニガ。
もちろんチョコの味はしませーーーーん。うわあああん。
発酵してこそ、あの酸味やフルーティな香り、香ばしさが出てくるのだと身を持って体験しました。

お猿さんは実だけを食べて、種をぽいっと捨てていたというけれど、
そのおかげでカカオは現代まで繁殖できたという話が。
実も美味しくなかったら、現世にチョコはないなあ。

いつも話に聞いていた
「カカオの実はマンゴスチンのように甘酸っぱくて、とっても美味しいよ」
が体験できてとっても嬉しかった瞬間でした!

ハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコハートニコ

さて!
お楽しみはまだまだあります!
まずは国内外ビーントゥバーの販売ブースへ。

■今年初出店の東京のXOCOL(ショコル)さん。
  (お店サイトはこちら



カカオメーーン(笑)
ナチュラルなのに、クスっと(^^)



「XOCOL」さんの特徴は
なんといっても石臼びきのバー&ざらりとした食感。
お砂糖の粒子を残した、まさに原石のようなビーントゥバー。
カカオバターを加えず、シュッとした後味がビーントゥバーの面白さを教えてくれます。



やっぱり気になるタブレット。
珍しい丸コイン形で超薄1.3ミリほどの厚さ。
コロンビア、ベトナム、パプワの3種タブレットのほかに、お砂糖まぶしのカカオニブ、ナッツ・フルーツアレンジのものも。
食べ比べ、めちゃくちゃおもしろかった!
またのちほどレポします♪

■地元横浜のビーントゥバー「バニラビーンズ」
 (お店のサイトはこちら



楽天通販で大人気の「ショーコラ」を生み出したチョコレート専門店。
サクサクサブレに美味しいチョコのガナッシュ。たまんないです!
でも、まさかビーントゥバーをやっていたとは…!
今年知りました〜〜〜。

当日限定、カカオ産地別「ショーコラ」が販売されていたのもすごいんですが…



この産地別タブレットの種類たるや!!!
感動ーーーーー!!!!
びっくりき
スタイリッシュで欧風なパッケージ。さすが横浜…
コロンビア、ベトナムなどの今年主流の産地から、おなじみの産地のものまで様々。
コロンビアはハイカカオ55%ミルク〜70%まで3種あって味わいも全然別。
個人的にはグラナダの華やかで贅沢なカカオの香りがとっても好みでした!

赤レンガ倉庫からも徒歩5分ほどのところにお店があり、
おお〜きなコンチングマシーンが店内ガラス張りの工房にたくさん並んでいて驚きました。

■マダガスカルオンリーの楽しさ!
 ロベール社の「ショコラマダガスカル」



私が産地別カカオにハマったきっかけは
マダガスカル産のカカオでできたチョコレートに出会ったこと。
赤いベリーのような酸味、華やかな女性のような香りのマダガスカルカカオは
それこそミルクチョコ好きの日本人には最初は受け入れられなかったようですが…
いまや良質なカカオの産地として定番となっています。

そんなマダガスカル産カカオだけを使って、5つの%違いのタブレットが並ぶのが「ショコラマダガスカル」!
カカオ34%、50%、70%、85%、100%。
すべて試食させて頂けたのですが、
同じカカオなのに全然甘さや香りの表現が違うのが本当に面白い!

この中に絶対自分の好みが見つかる…というのもまた興味深かったです。

ちなみに私は甘さと酸味のバランスが絶妙な70%と
マダガスカル産バニラビーンズのツブツブが入った 
甘い香りがたまらない、でも甘すぎないカカオ35%(ホワイト)が好みでしたヽ(=´▽`=)ノ



さらにマダガスカル産カカオベースのタブレットに、オレンジピールやナッツを混ぜ込んだタブレットも5種。
これがどれも美味しい!!
カカオニブ入りもベースとの相性よし!
オレンジピール入りはどっちが主役?というほどにピールが入っていて贅沢!
個人的にはコンババ&フルール・ド・セルのクセのある香りにノックアウト!

コンババはコブミカンのことなんだそうですが、とってもフルーティかつ、アジアンな花の香り。
これはウイスキーに合うーー!と思いました。

そういえば今年のサロン・デュ・ショコラに出品していたエスコヤマのスペシャリテにも「コブミカン」が使われていました。
山椒のようなピリッとしたフレーバーがこれから定番になりそうな勢い♪

「ショコラマダガスカル」は都内の雑貨店でも手に入るみたいです♪

■日本発ローチョコレート「ChocoReko」さんで「ルクマ」なるものに出会う。
 (お店サイトはこちら


こちらは昨年も出店されていたローチョコ専門店の「ChocoReko(チョコレコ)」さん。
ローチョコレートと普通のチョコの違いは、焙煎(加熱処理)していないカカオ豆を使うところ。
豆そのもののパワーを感じることができます。
もちろん、焙煎してできたバーとの違いも!
ビターのローチョコ…クセになる味わい。忘れられない余韻です。



そんなチョコレコさんブースでは、脱脂粉乳の代用品として「ルクマ」という果実の粉末を混ぜ込み、ホワイトチョコレートに見立てた板チョコが。
味わいは…ホワイトチョコのようにクリーミー!
ルクマの写真も見せてもらいましたが、まあるい小ぶりの青い果実。南国風。
ビタミン・ミネラル豊富な食材で、ミルクの代用品として料理やお菓子に使われています。
ローフードの世界にはまだまだ私の知らない食材がたくさんあるんだなあと感動しました。

イチゴ味の「ルクマ苺」、
ホワイトキャラメル味の「ルクマキャラメル」、
抹茶味のルクマッ茶(シャレっけたっぷり(笑))…

ホワイトチョコばりにバリエーションを増やせられるからルクマすごい!ルクマ感謝!
だって、乳アレルギーのこどもでも食べられるミルクチョコ、ホワイトチョコができちゃうんだものー!

また、チョコレコさんは手作りのドライフルーツを使ったチョコアイテムもあり、身体にいいものを食べたい!という友人知人へのお土産にしたいものが沢山ありましたよー!


■日本のビーントゥバーの大先輩!「エミリーズチョコレート奥沢」(東京)
 (お店のサイトはこちら



ビーントゥバー特集の雑誌にも掲載されたことがある、東京の「エミリーズチョコレート奥沢」さんも出店。
使うカカオ豆も自身で厳選、豆にあわせて焙煎時間や温度にもこだわり、しっかりとコンチング(精錬)することでクリーミーでくちどけのよい味わいに仕上がっています。
そんなエミリーズさんのタブレット、とっても美味しい♡
新作が出てないかな〜と見に…



今回は5種類のタブレットが。
中でも赤いパッケージのタブレット「ボリビア産オーガニック(クリオロ/トリニタリオ)」はエミリーズさんのこれまでのラインとうってかわって原始的な食感!
きび砂糖のつぶつぶ食感を少し残して仕上げたそうで、「ざらり」とした余韻がカカオの風味を後惹かせ…

「また食べたーい!!」
ってなっちゃう、スルメタブレットです〜。



そしてエミリーズさんは昨年に引き続き、今年もカカオ豆からチョコ作りワークショップを開講!
店主さんは普段、広告代理店でお勤めされながらチョコ作りをされているんだそうです。
素晴らしいー!!!


その他、フィジーやハワイ産カカオ豆を使ったチョコレートや、京都を中心にお店を展開する「Dari K」さんもブースを出されていました。
試食もいろいろさせて頂き、本当にチョコ三昧♪
いろんなカカオの土地へ旅行に行った気分になれました!


■会場にはカカオがいーっぱい♪



昨年と違って、今年は「見せるカカオ」ブースがたくさん!
こちらは船便で運ばれるカカオの麻袋。60キロ〜65キロ入ります。



チョコレートがまだ甘い板チョコになる前の時代。
チョコ発祥の地、中米で使われていたカカオ磨り潰し道具「メタテ」
意外と石は…軽い!ほしい!!
昔はこのカカオ粉にとうもろこしや唐辛子を混ぜ、お湯に溶いて飲んでいたそうな〜。



こちらが滑らかなチョコレートづくりに欠かせない魔法の道具!
「コンチングマッシーン」!!!
これは小店舗サイズですが、日本では現在この機械を導入してビーントゥバーを作り、販売されている方がかなり増えてきました。粉砕しペースト状になったカカオ豆を、口どけの良いチョコにするには…このヒトが必要なんです!
チョコが固まらないよう、一定の温度を保ちながら粒子を細かくしてくれる達人です!



さらにこちらは珈琲関係の機械を製造されている「富士珈機」さんがビーントゥバー用に独自に作りだした「カカオの皮とばし機」。カカオ豆からチョコを作るとき、カカオの皮を剥く、という作業がありますが…
これが骨が折れる…ふふっ。
一人でやっていると孤独すぎて泣ける…ふふっ。
この魔法の機械があれば!
一人で3〜4時間かかる作業を一瞬でやってのけてくれます(本当)き
本気でほしいです〜!



そんな富士珈機さん、こんなカカオ豆の模型まで作っちゃいました〜!
我が家にもありますが、なななんと!
白いカカオの実の中の、種の断面図まで見えちゃいま〜す。フフフ♪
富士珈機さん、その本気度、素敵すぎです!


■カフェブースでカカオ三昧☆



今年は奥にカフェブースが登場!
メニューも昨年よりパワーアップ☆
ビーントゥバーならではの、カカオ豆を活かしたものがずら〜り。



産地別カカオニブのマフィンやパウンドケーキ、アイスクリーム、ホットチョコレート!
そして会場でビーントゥバー講座をされていたカカオラボの方が直々に淹れられる珈琲も♪
ほんと、ビーントゥバーされている方は多才すぎます…!



カフェのメニューで衝撃的だったのは…マフィン!
グレナダ産のカカオ豆を使ったものを頂きましたが、トップに散りばめたカカオニブの香り。そしてチョコがアクセントのグラノーラと凄くマッチしていてとっても美味しかった!
チョコ部分だけおかわりしたいくらいでした♪



■子どもたちもいっぱい遊べるよ〜〜



他にも会場ではクイズラリーやキッズワークショプなど、小さいこどもたちも参加できるものがあって、昨年よりもたくさんの賑やかな声を聞くことができました。
生カカオ豆の解体ショー(笑)なんか、みんな目がキラッキラにこきらきら 
食育のチャンス!!
我が子も大きくなったら連れてきて、一緒にワークショップに参加しよう♪と思いました!



一緒に楽しんでくれたチョコ友のYちゃん♪
昨年に引き続き愛娘ちゃんと一緒に参加♪
年々ショコラティエールっぷりに磨きがかかってきてます(笑)
来年はいっしょにテイスティングしてるかも?
いろんな期待を込めて…また次回の東京チョコレートサロンも楽しみ!!!

さて、次回の記事では参加したトークショーやテイスティングワークショップをご紹介しまーす!!あひょうパンダ


★東京チョコレートサロン特設サイト→こちら
★東京チョコレートサロンFacebook→こちら

チョコのワークショップ後に多い質問…

「市販で買えるもので、どんなチョコがおすすめですか?」


「………カバヤのあっさりショコライチゴ味です!!」

ときっぱり答える私(^^ゞ

やっぱりあっさりショコライチゴ味は美味しい。
いろんな味があるあっさりショコラだけど
イチゴ味だけがくちどけのバランスが最高に…いいんです!!!(川平風)

と、あっさりショコラ推しの私ですが、
最近市販のチョコ菓子も美味しいものがドンドコドンドコ〜。
見つけ次第、香川県内で買えるおすすめの物をこちらでもご紹介しようかなと思っております。


 

とりあえず最近のお気に入りはこれ↑
 

輸入菓子の定番「スナイダーズ」のクリスピーチョコレート

なんと明治さんとのコラボ!

ひとくち食べるとスナイダーズならではの「外国の味〜」っていうのではなく

美味しいチョコの味が広がります。さすが明治!

そして固い固いプレッツェルにもチョコがしみしみ〜〜!

なんぼでもいけます!!

日本の菓子チョコはやっぱり馴染み深くて美味しい〜ヽ(=´▽`=)ノ♪

こちらは丸亀町グリーンの輸入雑貨ショップで手にはいりますよ〜(HP)

こんにちは! 
麦縄マルシェ以来、毎日チョコをつまみ食い。カシハラです。

麦縄まるしぇには双子ママサークルのお友達や仕事仲間、
懐かしい同級生…みんな遊びに来てくれて嬉しかった!

そんな中でも会いたかった元仕事仲間の友人Mちゃま
元気ハツラツボーイズ3人&かわいい姪っ子ちゃんと一緒にご来店〜!
上から6歳、3歳、1歳1ヶ月の男子たち、
マシンガントークでぐいぐい攻めてきてくれて
私は初めての「モテ期」が来たのかと…セリザワさんキラキラ

さて。
仕事はバリバリできて、パパパと美味しいものをつくってくれて、
相手が気遣わないようにいいタイミングで手を差し伸べてくれる憧れの友人Mちゃん。
3人目を出産後、育児しながらこつこつ勉強を頑張っていたらしく…
つい最近、ベビーマッサージの達人としてデビュー!

「ててと」(ブログはこちら〜
この名前、かわいいなあ。
自宅サロンやピーカブーヤさんのイベントでのベビーマッサージを行っているようで、
昨日サロンでもあるご自宅にお邪魔して色んなお話をしてきました〜。

育児、教育、家族、引っ越し、健康(アラフォートーク必須事項)
今日の晩御飯(笑)、ベビマの可能性!
ベビマはねんねの子供ちゃんと親のものっていうイメージがあったけど、
3〜4歳になって手をとりあうコミュニケーションが減ってきてる親子にも有効なんだとか。

うーん、それ、気になってた!(笑)

ということで、我が子の気管支炎が楽になるマッサージついでにできる
コミュニケーション方法をちょいと教えてもらいました☆
ベビマ、素敵!

そして「ててと」さんのベビマ教室でのお茶タイムに
「chocolat&lee」のチョコレートが登場させてもらえることに
ハートニコ
って、逆にのっかっとるやないか〜いDocomo_kao20…すまんMちゃん…

なんとて(さぬき弁)友人の嬉しい起業。
これからは「ててと」さんとショコラのコラボイベントなどができたらいいな。
その際は、こどもとふれあう方法でいいアドバイスがほしいな〜っと思っている方は
ぜひ遊びにいらしてください〜〜
あひょうパンダきらきら

☆☆☆ 今日の美味しいもの ☆☆☆



「ててと」のMちゃんからもらった「紅ほっぺシロップ」
徳島産紅ほっぺを甜菜糖でつけたシロップで、めちゃ美味しい!
豆乳で割ると…激うまーー!
ちなみに紅茶にもいれてみると「ストロベリーティ」になりました。
癒されます♡

チョコシーズン突入〜!
ということで、有名ショコラティエの百貨店販売などは今月末くらいから軒並みスタート。
手作り派の方は今ちょうどレシピ&材料を考えているころかな?と。

そこでおすすめなのが、製菓材料のお店「CUOCA」さんの毎年恒例イベント、
製菓用チョコのテイスティング会「Chocoholic2014」。
現在、CUOCA高松店では99種の製菓用チョコが味見できちゃいます。



昨年までと違うのは、500円必要であること。
その代わり、人数制限あり、静かなキッチンでゆったり45分間テイスティングができ、
ドリンク(セルフ)付きで休憩しながらしっかりチョコに向きあえます。
今年は生チョコ&ガトーショコラのテイスティングも。


とりあえず今年の新作チェック!
カカオ分が低いものから〜


フランスのチョコメーカー「カカオバリー」からまさかのオレンジチョコ!
でも香料臭くなくて美味しかった!
フランスの材料店では普通に売られているオレンジベースが買えるようになるのは嬉しい!


今年はヴァローナの新作が多いです。
特に注目はスイートでもミルクでもホワイトでもない
「第4のチョコ ドゥルセ」。
この色…すこしキャラメルっぽいですが、味はホワイトでもキャラメリア(ヴァローナ)とも違います。
ホワイトチョコをテンパリングしようと保温していたのを忘れていたら…
こんなチョコができちゃったんだそうで(笑)
怪我の功名的なチョコですが、とっても美味しい。
ホワイトチョコが苦手な人に、このドゥルセをつかったナッツチョコなんかを作ってあげると驚くかも!


そしてホワイトチョコは「イボワール」一本でやってきた
ヴァローナの新作ホワイトチョコ「オパリス」。
となりの「イボワール」と比べてわかるその色の白さ。
食べると……これってホワイトチョコなの?なすっきり感。
ホワイト独特の練乳感、ミルキー感を抑えた、
ホワイトチョコ嫌いにもおすすめのもの。
これは…美味しい!!! 今年はわたしもオパリスを使ってみたい!!


スイート部門でもヴァローナの「アビナオ」が新登場。
カカオ分85%なので、食べた感じが「にが〜〜」ですが、
カカオのアロマ〜〜に酔いそう!
焼きこみのショコラガトーに使うとカカオの風味がぎゅうっと出そう。
ガナッシュにしてお酒と一緒に食べたい…とも思っちゃいました。

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ

さて、今年のお楽しみ「生チョコ」と「ガトーショコラ」のテイスティング。
実はどちらもあまり作らないので、その分楽しみにしていました!

【生チョコテイスティング】
(上から)
・CUOCAオリジナル製菓用チョコ(ミルク)の生チョコ
とっても食べやすく、美味しいチョコ〜って味わい。
どんな世代のひとにも「大好き!」と言ってもらえる美味しさでした!
お値段もお手頃だし、お友達チョコ作りにはやっぱりCUOCAチョコははずせません。

・ヴァローナ グアナララクテ(ミルク)の生チョコ
うーん!カカオの香りがしっかりするのでミルクなのに大人っぽく感じる生チョコ!
やはりヴァローナの洗練された味はたまらなく美味しい!
お値段がはりますが〜美食家にはやっぱりヴァローナでチョコを作ってあげたいもの。

【ガトーショコラ テイスティング】


レシピにもよるけど、焼きこむとチョコの味がすごく変わるガトーショコラ。

(上から)
・ベルギーのチョコレートメーカー
「ベルコラーデ」のノワール・スーペリヤー(スイート)
私もいろいろ作るのに定番で使っているノワール・スーペリヤー。
焼き菓子にしたことはなかったけど、期待どおりの味わい。
ベーシックに美味しいです!!
お値段もお手頃だし、やっぱりこれは使いやすい!

・ヴァローナ グアナラ(スイート)
グアナラはヴァローナの中でもいろんなものに使いやすいスイートチョコ。
焼きこんでもカカオのアロマは健在。美味しい〜〜!!!



もちろんもとのチョコレートも美味しい!
いつもガトーはカライブで作ってたけど、大人味のガトーはグアナラを選んでもいいかも!

実際にどちらも使用するチョコをテイスティングできるので食べてみると…
全然違った味わい!
試食して買ったチョコを加工すると味わいが変わるというのがよくわかります!
これは参考になる〜!!
スタッフの皆さんは大変だったかも…でもすごく勉強になりました!



テイスティングで気に入ったチョコは200グラムから買って帰れます。
これだけの種類が高松(香川、四国)で手に入るのはこの時期のCUOCAだけ。
チョコの名前って覚えにくいので(泣)、覚えている内に手に取れるのが嬉しい!



今年もおすすめのチョコを詰めあわせた「チョコテイスティングセット」も4種登場。
美味しかったカカオバリーのオレンジチョコ、
つまんで食べたいくらい美味しいヴァローナのキャラメリアが入ったこのフレーバーセレクションは
自分のデスクチョコとして欲しいくらいです!(贅沢なデスクチョコですが…)



毎年いろんなセレクションが出るのも本当に楽しみ!
今年も大満足のチョコテイスティングでした。

最後に…私が毎年かかさずつまんじゃうレギュラーチョコを紹介します♪

コロンビアのチョコメーカー「ルカカカオ」のホワイトチョコ「シエラ」。
ホワイトにしてカカオ分45%。ミルクチョコ並みのハイカカオ。
なのでホワイトチョコならではの「ねっちりもったり」な後味はありません。
「これ、ホワイトなの?」と驚きます。
コロンビアのカカオ豆が持つ独特の「花」のフレーバーも特徴ですね〜。


ベルギーの大手チョコメーカー「カレボー」のミルクチョコ「アリバ」。
ザ・高級=希少なチョコであり、問答無用、美味しいんです。
高いだけに毎年のチョコテイスティングで絶対食べちゃう(笑)
さらにこの時期しか買えませんので、そういう意味でも貴重かも。

CUOCAさんのチョコテイスティングイベントは
今週日曜(1月26日)までやってますので、ぜひぜひチョコ好きはご参加を〜!!
同時にチョコファウンテンのイベントもやってるみたいですき

詳細はCUOCAさんのホームページで!
 

先日の「カカオ豆からチョコレート講座」で簡単に説明させてもらった「Bean to bar」。



カカオ豆から板チョコを作るという意味で、

メーカーではなく個人の手で、カカオ豆からチョコレートにすることを
現在のチョコ業界ではそう呼んでいます。

全国ではまだ数少ない「Bean to bar」のショップですが…

その中でも、カカオ豆と砂糖だけ!という原材料でBean to barをされているのが、
東京・中目黒にある「PARKING COFFEE×CACAO WORKS」さん。


ほんとはこだわりのある自家焙煎珈琲店の支店…
ですが、中目黒のお店だけは自分でチョコをつくっちゃうBean to barになっていて、
手作りチョコレートのワークショップも行われているみたいです!


そんな「PARKING COFFEE×CACAO WORKS」さんのBean to barは
おしゃれなビン入り
ブラックのクラフトペーパーに、ミニタブレットが1枚ずつ包まれていてカワイイ!
そしてラベルにカカオ豆の産地や製造日が記載されています。


これは9月に横浜で開催された「Tokyo chocolate salon 2013」で購入した、
ガーナ産カカオのBean to barと、
シエラレオネ産カカオのBean to bar。

シエラレオネ??知らない国…と思いましたが…
アフリカにありました!シエラレオネ。
カカオ輸出国ナンバー1、2のコートジボワール、ガーナのご近所!

「世界で一番貧しい国」と言われるシエラレオネですが、とても良質なカカオがとれる国なんだそうで…

カカオ豆を輸入されている立花商会さんが、
高騰するガーナカカオの代替品という位置づけで
ここ2年ほど現地での品質向上の働きかけを行った結果…
やっと!日本に輸入できるものが完成。
今年始めに初めて日本でシエラレオネ産のチョコが作られたそうです。

気になる新開拓産地のカカオ。
国で言えば2、3軒おとなり…という感じなんですが、
どんな味の違いがあるのか、テイスティング!


(左:シエラレオネ産、右:ガーナ産)

ガーナ産はやっぱり「チョコ〜〜!」というおなじみのカカオ風味。
スタンダードで期待どおりの香りで、口の中に甘さがすばやく伝わってきます!

シエラレオネ産は…
は、花?? どこかで食べたこと有る焼き菓子の香り??
とにかく独特。
酸味、苦味より、香りに特徴があって、最後にカカオ独特の香ばしさがやってくるような。

全然ちがう2種類でした。

「Tokyo chocolate salon」では、「PARKING COFFEE×CACAO WORKS」さんのいろんな産地のBean to barを食べ比べしたのですが、ほんとに味わいは産地別で様々。


でもその中で私もお気に入りのものが見つかりました!

カカオバターをあえて加えず、
ざらりとした食感を残したテイストは、
まさに「カカオを食べてる!」と感じられる板チョコ。

わたしも実は数あるBean to barの中でも
「PARKING COFFEE×CACAO WORKS」さんの板チョコが大好きです。
カカオバターのくちどけより、豆としての味わいがたまらんとです。

チョコを極めたい人に配りたい…そんなオススメBean to bar!
次回は中目黒のお店までいくどー

大阪まで研修(自称)に行って来ました。
伊勢丹にうめだ阪急に大丸に‥とスイーツパラダイスの梅田に着いたものの、夕方に10人の新進気鋭のパティシエさんのトークと10種類のケーキを食べる会だというのがわかっていたので、ランチは絶対に甘いものを取らないようにしようと心がけていた私。

とりあえず大丸梅田店の7階おばジェンヌファッションフロアの奥にあるコチラにやって来ました。


スペイン王室御用達ショコラティエ「カカオサンパカ」のサロンですヽ(=´▽`=)ノうふ。

って、甘いもの食べに来とるんかいーーー!!!

カカオサンパカのサロンには一度も行ったことがなかったから、
そんなこと言ったってしょうがないじゃないかっ!(えなり風)

実は私、カカオサンパカのカカオソフトクリーム「ジャラッツ」が食べたかったんですが、なんと14時まではランチがあるということで。


ランチを。

・ハモンセラーノ入りサラダ(なんとチョコを加えたドレッシング、甘め!)、
・完熟トマトと夏野菜たっぷりの平打パスタ(アルデンテ!)
・チョコとフルーツのコンフィとハバティチーズのホットサンド(塩と甘味が絶妙!)

これで1500円。

さらに‥


チョコレートのソフトクリーム「ジャラッツ」がプラス300円で頂けます。
「ジャラッツ」には2種あって、一つは王道カカオの「ショコラタカカオ」
これはホワイトチョコレートにベイリーズを加えた「ショコラタ・ベイリーズ・ブランカ」。

うん、ベイリーズの香りがたっぷりで、濃厚。
食べていくうちにこっくりとした舌触りに変わってきて、カカオバターを感じます。
美味しい!!

テイクアウトにするとワッフルコーンにモリモリいれてくれて、安くいただけるので、そちらもおすすめ!(サロンで普通に食べると700円以上するのだ)


そして私は、もう一つ狙っていたショコラショを。



「カタラン ヨーグル」。
「カタラン」はカカオサンパカのカカオ分70%のチョコレートを使ったベーシックなショコラショの名前。
これはさらに泡立てたヨーグルトを乗せたアイスショコラショ。


泡がすごく細かくて‥綺麗!
味は酸味の殆ど無い、飲みやすい甘めのアワアワヨーグルト。

窓から差し込む春の陽気があったかくて‥
ついアイスにしてしまったけど、正解!!!

これ、かなりさっぱりと頂けます。
ショコラショって意外にもまったりとしてしまうのだけど、酸味の強くない、調度良い甘味のヨーグルトと合わさって、とってもスッキリ。
最初から混ぜなければアイスショコラショとして飲めるので、2倍楽しめるしお得!

カシスや黄色いフルーツと合わせるのは良く見かけるけど、ヨーグルトは初めて。
美味しかった!


梅田駅周辺の道路を高いところから眺めつつ‥
天井も高いし、とってもキュートなシャンデリアが素敵で、最高の気分に浸れます。

いろいろ迷ったけど、ここに来てよかった。
次はジャラッツのカカオをたべるぞっ。

そういえば店内には伝統工芸品のカカオ造形物がひっそりと置いてありました。
気になる‥

バレンタイン前になるとソワソワするわたしです。

それは毎年この時期に行われる、コレがあるから!!

 

製菓材料でおなじみの「CUOCA」さんが行う、「チョコレートコレクション」!

今年で何年目になるのか…
一応皆勤賞ヽ(=´▽`=)ノ☆

簡単にいうと、CUOCAさんで今季のバレンタインシーズンに取扱う製菓用チョコレートを味見できる貴重な会なのです。
しかも参加無料!!
チョコ好き、チョコ菓子作り好きにはやっぱり嬉しいイベントですよね〜!!

最初は10数種類だったのが、なんと昨年から99種のラインナップを揃えられるまでになって、もう食べきれないっ。(嬉しい悲鳴)

というわけで、独断と偏見の注目チョコをアップしますね!!


まずは「ホワイトチョコ」。

※チョコのテイスティングをするときは、カカオ分が少ないものから始めるといいですよ〜。

フランス産から国産まで。
ミルク風味が強いの、甘いの、練乳の味がするの…いろいろあります。

中でもぜひ食べていただきたいのは…


コロンビアのチョコレートブランド「ルカカカオ」の「シエラ」
実はコレ、今回のマスト試食アイテム!

ホワイトチョコなのに、カカオ分がミルクチョコ並みの45%なんです。
ということは…

「ホワイトチョコなのに…ベタッと甘くない!」

これをクラデショコラで何度か食べて頂きましたが、ホワイトチョコ嫌いの人がまず大感動!
ふんわりお酒のような香りがするのも、コロンビア産カカオの香り。
カカオ分が高いから、そんな香りも楽しめます。

丸いコイン状なので、作業も早い!
しかもラインナップの中では安いほう!!!
ホワイトチョコって、意外と高いんですよ〜(TдT)

お家でチョコ作りに使うなら、ベルギー「カレボー社」のホワイトチョコ(カカオ分29%)もおすすめ。大豆サイズの大きさで溶かすのも早くて簡単!
しかもスタンダードに美味しいです。




続いてミルクチョコ。


ミルクチョコ、おいすいーですね〜!!
そのまんま食べ続けられます!!ヽ(=´▽`=)ノ

スタンダードなミルク味から、カカオ産地にこだわった結果、酸味や苦味の生きた面白いモノまで。

中でも…


ベルギーのチョコレートブランド「カレボー」の「アリバ」はわたしの大好きなミルクチョコ。

カカオの香りも楽しめて、ミルクチョコらしい甘さも楽しめる。
このままいくつでも食べ続けていたい、幸せのチョコレートです。
このバレンタイン時期にしかCUOCAに登場しないので、私は欠かさずチェックするチョコです。

ちなみにお値段…100グラム700円弱…
普通の板チョコ、50グラム100円…

ハイ、超高級チョコです!!!
一度食べとけ食べとけー!!!
(ちゃんと製菓用にも買ってね♡)

ちなみにおうちで作るミルクチョコでおすすめなのは…
森永製菓の「エフィカスレ」、「レルバージュ」あたりもおすすめ。
おねだん的にも、味的にもミルクチョコらしく、美味しいチョコができます☆

海外産だとフランスのヴァローナ社の「タナリヴァ・ラクテ」がおすすめ。
マダガスカル産のカカオを使った、酸味の聞いたミルクチョコ。
ぜひ味わってみてください。
甘いだけじゃない、ミルクチョコ!


最後にビターチョコ。


一番種類が多くて、ガッツンガッツンカカオの味がくるので、ぜひ最後に(笑)。

今回のチョココレクションの新作は、フランス「ヴァローナ社」の「マカエ」。
いまショコラ界でブームのブラジル産カカオを使ったビターチョコです。



うん、ブラジルっぽい色!!!(なんだそりゃ)

ブラジルのカカオ豆って、実はいいものができるんだそうで。
しかもカカオ〜のつよい香りや、黄色いフルーツのような香りがフワッと上がってくるんです。
面白いですよ〜!!!

ちなみに昨年から今年にかけて、チョコ界では南米カカオの波が来てます。
バレンタインチョコの説明をみて、南米の国名をみつけたら「おっ、ここにも南米の波がっ」って思ってください☆


おうちで使うのならば、おねだん的にもこの2つ。


ベルギー「ベルコラーデ社」のノワール・スーペリヤー。
コイン状で使いやすく、ビターチョコらしい味です。


そしてベルギー「カレボー社」のセミスイート。
となりに「スイート」もありますので、食べ比べてお好きな方を選んでも。

カレボーのチョコは一番小さい粒上で、ホントにお菓子作りが楽〜にできますし、美味しいです。このチョコをつかってるパティスリーさんもとっても多いです。

そんなこんなで食べ過ぎました。
まだまだあります、「CUOCA チョコレートコレクション」。

1月27日(日)まで開催中なので、ぜひチョコ食べにいきましょー!!!ヽ(=´▽`=)ノ
詳しくはコチラ。

あっ、2月3日のチョコ会でもこんな製菓用チョコレートの食べ比べをやりますので、お楽しみに!!
チョコ会、ぜひぜひお越しください☆
詳しくはコチラ。










Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 2014年2月2日クラデショコラvol.8 bean to barの世界!レポ
    かっし〜
  • 2014年2月2日クラデショコラvol.8 bean to barの世界!レポ
    kon
  • 10月1日NHK文化センター高松教室でのチョコ講座【当日篇】
    かっし〜
  • 10月1日NHK文化センター高松教室でのチョコ講座【当日篇】
    kon
  • 10月1日NHK文化センター高松教室でのチョコ講座【当日篇】
    パン子
  • こんなシャボネル・エ・ウォーカーみたことない!〜おみやげショコラ♪
    マリルー
  • 2012年ショコラシーズン到来。クラデショコラ最新情報!
    かっしー
  • 2012年ショコラシーズン到来。クラデショコラ最新情報!
    チョコ妊婦
  • クラデショコラvol.4 第2部「バレンタインショコラ特集」!
    かし
  • クラデショコラvol.4 第2部「バレンタインショコラ特集」!
    sawada takako

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM